洗顔との関係 -乾燥肌@徹底解剖-


洗顔との関係



    乾燥肌を防ぐには、正しい洗顔、クレンジングの仕方を知る
    必要もあります。よく、クレンジングに効果的なのは、
    オイルクレンジング、と思われがちですが、実は、オイル
    クレンジングは肌に良くないものなのです。というのは、
    オイルクレンジングは、肌に必要なバリアや角質までも落と
    してしまい、乾燥肌を悪化させてしまうからです。

    また、乾燥肌だと、どうしても肌のカサカサが気になり、つい
    強くこすってしまいますが、これもいけません。乾燥肌の人の
    クレンジングには、低刺激のもので、潤い成分などが配合され
    ているクレンジング剤を選ぶべきでしょう。また、油性ではなく
    水性のジェルやクリームを選ぶことです。油性は、オイルクレ
    ンジングと同じように、乾燥肌を悪化させてしまいます。
    クレンジングは、やむを得ずメイクをしなくてはいけないとき
    だけにするのが望ましいものです。

    乾燥肌がひどいときは、水の温度に近い、ぬるま湯での素洗いを
    3〜4日ほど続けることです。化粧水などの使用はその後にします。
    軽いときは、洗顔時間を短く切り上げる(洗顔15秒、すすぎ20〜30
    秒以内)のもポイントです。また、泡立て洗顔も効果的です。
    普段の泡立てを意識し、本当に、モコモコした、ホイップ上のクリ
    ームにまで仕上げて洗顔を行います。うまく泡立てできない場合、
    泡立てネットなどを利用してみると良いでしょう。

    洗顔料は、肌にやさしい純石鹸主成分のもの(弱アルカリ性洗顔料)
    が良いでしょう。ただし、純石鹸にも脱脂力が強いものがあります。
    保湿成分が配合され、皮脂をとり過ぎず、肌に必要な潤いが残るよう
    に調整された洗顔料を選ぶことでしょう。すすぎでは、冷水とぬるま湯
    を交互に使うと、肌が引き締まり、血行促進にもなります。

当サイト人気コンテンツ


    ■ 予防のために
    ■ 化粧品との関係
    ■ 入浴との関係
    ■ 乾燥肌とかゆみ

Copyright (C) 乾燥肌@徹底解剖 All Rights Reserved.