化粧品との関係 -乾燥肌@徹底解剖-


化粧品との関係



    乾燥肌は、化粧品によって、ある程度ケアが出来るものです。洗顔時の
    化粧水による水分の減少や、洗顔料の強さを替えることで皮脂の取れ
    すぎを抑え、乾燥肌を防ぐことが出来ます。年齢を重ねるにつれ、
    年々肌の水分量は減っていくものだし、日頃の洗顔や紫外線ケアの
    とき、乾燥肌を予防するためにも、化粧品をきちんと選ぶことです。

    乾燥肌に効果的な化粧品としては、ヒアルロン酸、アスタキサンチン、
    セラミドなどが配合されているものがお勧めです。ヒアルロン酸は、
    肌に潤いを与えると同時に、保湿力にも優れています。アスタキサン
    チンは、抗酸化力がかなり強いため、加齢に伴う乾燥肌に向いています。
    セラミドは肌細胞の保湿力を高め、アレルギーを引き起こす刺激から
    肌を守る効果を発揮します。

    ただ、例え良い化粧水をつけても、保湿が充分でなければ化粧水が蒸発
    してしまい、これが結果的に乾燥肌を悪化させてしまう、ということも
    頭に入れておくべきでしょう。誤ったスキンケアで肌の皮脂がなくなっ
    た状態で化粧品をつけると、保湿されないまま、水分が蒸発してしまい、
    乾燥肌になってしまうのです。

    洗顔で余分な皮脂を取りすぎないように注意すると同時に、洗顔後、
    肌に十分水分補給を行うことも大切です。洗顔後すぐにたっぷりと化粧水
    をつけることです。クリームや乳液は、保湿の役目がありますが、同時に、
    補給した水分を閉じこめるための化粧品です。化粧水で肌にしっかり潤い
    を与えてから、乳液やクリームを薄く塗るのがポイントです。化粧水が
    表皮から蒸発しないようにフタをしてくれるのが乳液、というわけです。

当サイト人気コンテンツ


    ■ 予防のために
    ■ 化粧品との関係
    ■ 入浴との関係
    ■ 乾燥肌とかゆみ

Copyright (C) 乾燥肌@徹底解剖 All Rights Reserved.