乾燥肌@徹底解剖


乾燥肌とは



    乾燥肌は、皮膚上の角質層と皮脂膜が破壊され、皮脂が
    不足し、空気が乾燥すると皮膚の水分が奪われて起こる、
    顔がざらざらで粉がふいたような状態になったことを言い
    ます。「冷暖房のきいた部屋にいるとお肌がかさつく」
    「洗顔後に肌がつっぱる」などいった症状がこれにあたり
    ます。乾燥肌は、質層が水分を保持できず、肌内部の水分
    は蒸発しやすくなった状態です。また、アレルゲンや微生物
    などが入り込み、症状がひどくなると、炎症なども起こり
    やすくなり、痛みを伴うこともあります。

    紫外線などの外部からの刺激に対する抵抗力も落ち、特に
    女性にとっては、美白の大敵となります。このため、外気の
    乾燥しやすい冬の季節には、スキンケアが大事となります。
    燥肌の人は、顔全面のメイクは控え、ポイントメイクでケア。
    洗顔のしすぎは、健康な角質細胞まで落としてしまうことに
    なります。

    正常な肌の場合、皮脂腺から分泌される脂質と、汗腺から分泌
    される汗の水分が混合し、肌に適度な潤いを保つことになります。
    この状態が、皮脂幕と言われ、肌の滑らかさを保つと同時に、
    水分の蒸発を防ぎ、さらに、弱酸性を保ち、有害細菌の侵入、
    増殖を防ぐ、などの役割を果たします。

    この皮脂幕が薄くなり、乾燥肌の状態になると、肌を外敵から守る
    バリア機能が低下することから、かゆみ、にきび、湿疹など、
    肌の様々なトラブルの原因となります。乾燥肌は、ビタミン不足、
    睡眠不足、ストレス、加齢、偏食などが原因で起こりますが、
    まず、食生活を改善することが、乾燥肌の予防になります。

当サイト人気コンテンツ


    ■ 予防のために
    ■ 化粧品との関係
    ■ 入浴との関係
    ■ 乾燥肌とかゆみ

Copyright (C) 乾燥肌@徹底解剖 All Rights Reserved.
 [PR]  坐骨神経痛 ほくろ ネット 株 アミノ酸 ゲルマニウム お見合い
 [PR]いわゆる保健師は一昔前は看護師の上位資格という認識でしたが最近では多くの看護師さんが看護大学卒業時点で保健師の資格も取得しているので少し状況は変わりつつあります。保健師 求人は看護師としての職場よりも少ないのは事実ですがリクルートナースバンクなどに登録すれば高待遇案件が多数ありますので保健師の皆さんは是非利用されてみてください。